妊娠中のトラブル


写真は切迫早産の方のケア前後の写真です。左がケア前、右がケア後です。

左はお腹が下がり、とんがっていますが、右はお腹が上がり、横に広がっているのが分かると思います。

骨が歪んだり、関節や筋肉の動きが悪くなると神経や血管を圧迫したり、内臓が下がるため子宮も押されて下がってしまいます。  
そのため、様々な症状が起こるといわれています。
切迫早産の方はお腹が張るため、いつも早産になるのではないかと不安を覚えながら生活されています。  

逆子は帝王切開となることが多く、手術をすることの不安や自分の力で産みたいという気持ちから自分はダメなんだと思い込んでしまう方もおられます。  
お腹が硬いと伸びないために赤ちゃんの動きが妨げられます。  

そういったお母さんのためにより良い胎内環境をつくるためのお手伝いをさせていただきます。  

安静が必要で来院できない方は訪問も可能ですのでご相談ください。  
お家で行う自己ケアの方法もお伝えします。  

骨盤ベルトで骨盤を支えることも有効だと言われていますが、間違ったベルトの選び方や付け方をしていると逆効果です。 

骨盤ベルトの選び方、骨盤ベルトの正しい付け方などもお伝えします。 
骨盤ベルトをお持ちの方は来院時にご持参ください。 

産後に母乳育児を希望される方は妊娠中からのケアをお勧めします。  
切迫早産の方でも大丈夫!乳頭を刺激することはありません。